アトピー肌や敏感肌だと化粧品で肌荒れしないか心配ですよね。
この記事ではイビサクリームの口コミや成分を調査してアトピー肌、敏感肌でもイビザクリームを使えるかを調べました。

結論から言うと、使用できたという口コミがあり、ほとんどの成分がお肌への刺激が非常に少ないことがわかりました。
また公式サイトへ問い合わせてみたところ、アトピー肌でも使用できるとのことでした。
ただ、心配な方はパッチテストをしてからの使用が安心できるためおススメです。

万が一のための28日間返金保証が受けられる詳細はこちら>

アトピー肌、敏感肌だと、使った後に痒くなったりしない?

口コミを調べてみたところ、アトピー体質の方でもかゆみなどの刺激なく使えたという口コミを見つけました。

イビサクリームを使い始めて4本目がなくなったところです。
私はアトピーがあり、肌がかなり弱いので、肌へ刺激がないのか?肌荒れはしないか?などを口コミで調べてから買いました。

肌荒れをしたという口コミがあったので、初めは少し不安でしたが、4本を使い切った今でも肌への刺激がなく使えています。
黒ずみも初めのうちは薄くなりませんでしたが、3か月くらい経ったときには黒ずみが目立たなくなっていました。

参考にした口コミ:https://www.cosme.net/product/product_id/10091277/review/507576313

他にもお肌が弱い方でついデリケートゾーンを掻いてしまい黒ずみになったという方も1年ほど使ってみたところ痒みもなく使用できたという口コミがありました。

イビサクリームがなぜお肌が弱い方でも使えかというと、グリチルリチン酸2kという肌荒れを防ぐ成分が配合されているためです。

グリチルリチン酸2kとは
  • アレルギーによる痒みや敏感肌、乾燥肌による痒みを緩和する作用
  • 抗炎症作用
  • ヒリヒリやチクチクといった刺激を緩和する作用
  • バリア機能改善作用。
    参考文献:https://cosmetic-ingredients.org

成分の効果であり、イビサクリームの効果効能を保証するものではありません。

グリチルリン酸2kはニキビなどの肌荒れを防ぐ化粧品にも含まれている成分で、有名な化粧品だとオルビスのクリアローションにも含まれています。

またイビサクリームはメラニンの生成によるシミ、そばかすを防ぐだけでなく肌荒れを防ぐ化粧品として医薬部外品の登録がされています。
医薬部外品とは一定以上の効果が認められたコスメのみ登録できるため、イビサクリームも一定以上の効果があることが認められています。

さらにイビサクリームにはお肌がかゆくなる原因の一つである乾燥を防ぐための保湿成分が含まれています。

イビサクリームに含まれる保湿成分
  • 党参抽出物加水分解液
  • カモミラエキス
  • アルピニアカツマダイ種子エキス
  • ウメ果実エキス
  • 大豆エキス
  • サクラ抽出液

乾燥したお肌はちょっとした刺激で痒くなってしまいます。
痒いからといって、つい掻いてしまうとお肌にさらに刺激を与えることになり色素沈着といった黒ずみの原因にもなってしまします。

イビサクリームには痒みの原因である乾燥を防止するために3種類の保湿成分を含んでおり、これらの保湿成分がお肌に潤いを与え、デリケートゾーンの乾燥を防ぎます。

万が一のための28日間返金保証が受けられる詳細はこちら>

公式サイトにアトピー肌でも使えるか聞いてみた

イビサクリームはアトピーがあっても使用できるの?

結論から言うと使用できるとのこと。

イビサクリームはデリケートゾーンでの使用を目的としたクリームのため、お肌への刺激にはかなり慎重になっているとのことでした。

デリケートゾーンは顔や手などに比べてお肌が弱いところ。
だからこそお肌への刺激をできる限り取り除くために、イビサクリームは無添加で作られています

肌荒れしたって口コミもあった

ただ、口コミをいろいろ調べてみたところ肌荒れをしたという口コミも見つかりました。

イビサクリームを使用したら肌荒れした!悪い口コミ

最低すぎて、これ以上被害者が出ないことを望みます。皮膚がボロボロ剥けヒリヒリしてしまい。黒ずむ部分には適してません。赤身と白斑で悩んでますが、発売元の対応があまりにも心無い対応でびっくりしました。二度と買いません

https://www.cosme.net/product/product_id/10091277/review/505360635

口コミを探していたところ、肌荒れしたという口コミが1件見つかりました。
ただ、105件ある口コミのうち肌荒れしたという口コミはこの1件だけなので、参考程度に考えたほうがいいかもしれません。
口コミでは多分デリケートゾーンだとは思いますが、具体的にどこの部位に使用したかも不明でした。

もし肌荒れが不安な方は、初めにパッチテストをすることをおススメします。
パッチテストで肌荒れの症状が出た場合、イビサクリームなら28日間の返金保証を受けることができます。
返金保証についてはこちら>

原材料名から肌荒れになりそうな成分を調べてみた

返金保証があるからといっても、肌荒れなどのお肌のトラブルは避けておきたいですよね。
そこで、イビサクリームの原材料名からお肌のトラブルの原因になりうる成分を調べてました。

1,2-ペンタンジオール

10年以上の実績があり、お肌への刺激がほとんどないといった安全性データがあるものの、稀にアレルギーを起こすことがあるとのこと。

1,2-ペンタシジオールが含まれている化粧品の例でいえばアユーラのバランシングプライマーセンシティブEXなどがあります。

シクロヘキサンジカルボン酸ビスエトキシジグリコール

石油由来の化学合成成分ですが、お肌への刺激はほぼないとされています。
ただし、人によっては稀にお肌への刺激があることがあります。

シクロヘキサンジカルボン酸ビスエトキシジグリコールを含んだ化粧品の例としてはプリオールや50の恵があります。

カモミラエキス-1

キク科植物にアレルギーがある場合は、高い確率で皮膚への刺激を感じることがあります。
ただし、カモミラエキスのアレルギー原因物質であるセスキテルペンラクトン類を除去したものもあるため、メーカへの問い合わせが必要です。
(→現在問い合わせ中)

以上の3種類の成分がお肌へ刺激を与える可能性がある成分になります。
ただし、実際に使用してみてお肌に刺激を感じるかどうかは、これらの成分の入っている量にも関係するため必ず肌トラブルが起きるとは言い切れません。
お肌への刺激が気になる方は、まずパッチテストをしてみるようにしましょう。

イビサクリームの全成分

<有効成分>トラネキサム酸、グリチルリチン酸ジカリウム
<その他の成分>BG、濃グリセリン、1,2-ペンタンジオール、シクロヘキサンジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、ポリアクリルアミド、メチルフェニルポリシロキサン、軽質流動イソパラフィン、POE(7)ラウリルエーテル、党参抽出物加水分解液、油溶性甘草エキス(2)、ローズ水、ウメ果実エキス、大豆エキス、ジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液、アルピニアカツマダイ種子エキス、サクラ葉抽出液、カモミラエキス-1、水添大豆リン脂質、オウゴンエキス、乳酸Na液、天然ビタミンE、ステアロイルフィトスフィンゴシン、フェノキシエタノール

公式サイトなら28日間の返金保証付き

イビサクリームの公式サイトでは、万が一肌に合わなかった場合商品注文後28日以内なら返金保証を受けることができます。
返金を受ける際に明細書と商品の容器を返送する必要があります。

返金を受ける際に返送が必要なもの
  • お買い上げ明細書
  • 商品の容器

また半分以上イビサクリームを使用した場合や複数本購入し開封した場合は対象外になりますので注意が必要です。

返金保証付き!イビサクリームの公式サイトはこちら>