友達はツルツルお肌なのに、私はムダ毛が気になってきた・・・

思春期に入ると、ムダ毛が気になってきてしまうことありますよね。私も中学生の頃、夏服になるのが嫌だなと感じていたことがあります。

でも、親に相談してもムダ毛処理を反対される!

そんなお悩みに向けて、この記事では親御さんがムダ毛の処理を反対する理由や、そんな親御さんにも相談しやすい製品をご紹介します。

思春期に経験する、増えてくるムダ毛の悩み

中学生くらいの、いわゆる「思春期」になると、親にも言いづらいお悩みが増えてきますよね。

その中でも「ムダ毛の処理」について気になる女の子も多いと思います。

夏が近づくと制服は衣替えになって、強制的に半袖に・・・

プールの授業もあって、腕や足を出さなきゃいけない機会が増える・・・

そんなときに腕や足にムダ毛がたくさんあったら、気になってしまうのもしょうがないですよね。

しかし、勇気を出して親に相談してみても、「自分で処理するのはやめなさい!」と言われてしまうことも残念ながらよくあるんです。

どうして親は反対するのでしょうか?

ムダ毛処理を親が反対する理由

親に「ダメ!」と言われることも多いムダ毛処理。

なぜ親はムダ毛の処理を反対するのかについて、それぞれの方法ごとにまとめてみました。

カミソリで剃る方法

最もメジャーで、まず初めに思いつく人も多いカミソリでムダ毛を剃る方法。

カミソリはドラッグストアやコンビニなどでもすぐ買うことができて、価格も安価なために最初はカミソリから除毛を始めたという人も多いです。

しかし、親御さんの中には

  • カミソリを使うと毛が濃くなる!
  • 毛が太くなって後で処理が大変になる!
  • 毛穴が広くなって穴が開いたようになる!

といった理由で反対している人もいます。

少し気を付けたいのは、カミソリを使うことによって、毛の太さや濃さが変わってしまうということはありません。

ただし、カミソリによる処理は少し伸びてきた状態のときに濃く見えてしまうことはよくあるので、見た目の点では親御さんが反対する理由にもなるでしょう。

では、実際のところカミソリでムダ毛の処理をするデメリットはどんなことがあるのでしょうか。

◆肌荒れに繋がる危険がある

カミソリはどんなに高くていいものを使ったとしても、刃物を肌に当てるという行為に違いはありません。

子どものお肌はまだまだ皮膚が薄く、デリケートです。

そのため傷つきやすく、カミソリの歯を頻繁に当てることで肌荒れに繋がる可能性が高いのです。

親が買ってくれないから、と自分でカミソリを購入する子もいるかもしれませんが、安価なカミソリの場合は肌を傷つけてしまう可能性がさらに高くなります。

◆肌を切ってしまうかも・・・

先ほどと同じように、カミソリは刃物です。つまり、肌を切ってしまうリスクが少なからずあります。

まっすぐな脛などは比較的剃りやすくても、肘や膝など、身体の構造上カミソリを上手く沿わせることができにくい場所は、傷になってしまう危険も大きいです。

また、安価なカミソリの場合はセーフティガード機能がついておらずすぐに皮膚が切れてしまう場合もあります。

足や腕をきれいに見せたくてムダ毛処理をするのに、切り傷がついてしまっては意味がないですよね。

◆頻繁に処理をしないと逆に毛が濃く見える

上記でも少し触れましたが、カミソリで実際に毛が太くなることはありません。

しかし、見た目には濃くなってしまったように見える場合が多いのです。

毛は普段何も処理をしない状態では毛先に向かってだんだん細くなっていきます。

しかし、カミソリで処理をすると毛の根本の一番太い部分で切り取ることになり、毛の断面が太く、面積が広くなります。

目に見えている断面が太い状態で長さが伸びてくると、何も処理をしていない場合に比べて目立ってしまうため、より濃くなったり太くなったりしたように見えてしまうのです。

そのため、気にならない状態を維持するために頻繁にカミソリで処理をすることになり、面倒だったり、肌を傷つけるリスクが上がったりもしてしまいます。

◆埋没毛の危険がある

埋没毛というのは、皮膚の毛穴がふさがって、毛が埋もれて皮膚の中で成長してしまうことです。

埋没毛になってしまうと、なかには腫れたり痒みがでたりして、炎症を起こす場合もあります。

カミソリで処理することで皮膚が傷つくと、皮膚が硬く、分厚くなってしまう場合があり、その結果毛穴をふさいで埋没毛になってしまいます。

カミソリは大人の中にも利用している人が多い反面、デメリットも多い方法です。

親としては、肌がデリケートなお子さんにはなかなかおすすめしづらい方法かもしれませんね。

2)家庭用脱毛器によるムダ毛処理

カミソリが危険なら、刃物じゃない脱毛器なら!?と思う人もいるのでは。

家庭用脱毛器はおうちで気軽に、時間を見つけて処理することができるのがメリットです。

しかし、親が反対する理由は

  • 家庭用脱毛器の値段は決して安くない!
  • やけどなどのトラブルがあるかも・・・
  • 効果が絶対ではない

などが挙げられます。

実際のデメリットはどんなものがあるのでしょうか?

◆時間、手間がかなりかかる

家庭用脱毛器による脱毛は、即効性のある脱毛方法ではありません。

何度も何度も照射を重ねることで、徐々にムダ毛が薄くなっていくという経過を辿らなければならないのです。

すぐに効果を得たい!と思っても、使用頻度は基本的に決まっているので、家庭用脱毛器ですぐにムダ毛をなくす方法はありません。

処理の方法も、サングラスをかけたり、脱毛部分をまず氷で冷やしたりとすぐに終わるものではなく、それなりに手間のかかる作業になります。

◆値段が安いとは言えない

家庭用脱毛器は何万円もするものが多く、決して安価とは言えません。

小中学生が気軽に買える値段ではないでしょう。

また、本体を購入して終わりではなく、カートリッジなどを交換する場合も多いため、維持するにもお金が掛かります。

◆効果が感じられない場合もある

家庭用に誰でも使用できるよう、安全に作られており、家庭用脱毛器は脱毛サロンやクリニックなどと比べて照射のレベルは低めです。

そのため何度も使用する必要があるほか、照射を繰り返しても効果を感じない場合もあります。

産毛や細い毛、毛質の細い柔らかい方の場合は効果が得られないことも。

◆肌トラブルも・・・

光を照射するため、場合によっては火傷をする可能性もあります。特に子どもは肌がデリケートなため注意が必要です。

使用方法や照射レベルを適切に守れば基本的には安全ですが、お子さんの場合は親と一緒に使用するのが無難と言えます。

家庭用脱毛器は時間や場所を気にする必要がないため便利ですが、値段と効果のことを考えると、気軽におすすめできる方法とは言えませんね。

3)脱毛サロンに通って脱毛する方法

最近は脱毛サロンや医療用脱毛に通う女性も増えており、CMなどで目にする機会も増えています。

しかし、

  • 値段が高い!
  • サロンやクリニックに何度も通わなければならない

といった理由で反対する親御さんも多いです。

実際のデメリットはどうでしょうか。

◆値段が高い

やはり一番は値段の問題です。

サロンやクリニックによって料金体系は違うため一概にいうことはできませんが、数十万円かかるというケースも少なくありません。

大人が自分のためにと思ってもなかなか利用できないのが現実です。

◆時間がかかり、何度も通院が必要

サロンやクリニックを利用したとしても、一度の施術ですぐに脱毛が完了するわけではなく、何度も通わなければならない場合がほとんどです。

◆未成年の場合は同意書が必要

もちろん、未成年がこっそり脱毛に通うことはできません。

ほとんどのサロンでは、カウンセリングの際に親の同伴や、同意書が必要です。

年齢制限を設けているサロンもあるようですので、必ず親御さんの許可をもらったうえで、相談してサロンを決める必要があります。

脱毛サロンやクリニックの場合、効果は高いもののその分費用も高額になります。

残念かもしれませんが、親御さんが反対する理由としては十分ですね。

でも諦めないで!反対されない脱毛方法とは

こんなに反対理由があるならムダ毛を処理できないの!?と頭を抱えてしまう学生のみなさんに、親に反対されにくい脱毛方法をご紹介します。

それは、脱毛クリームを利用すること!

脱毛クリームとは、お肌のムダ毛処理したい部分に塗ることで毛がだんだん薄くなったり、ふき取ると除毛が完了したりする効果のあるクリームです。

カミソリのように刃物ではないのでお肌を傷つける心配が少なく、また価格も比較的安価で利用しやすいのが特徴です。

また、毛先が鋭利にならないので脱毛後に目立つ心配もなく、埋没毛のリスクも低いと言えます。

つまり、これまで挙げてきた脱毛方法のデメリットをほとんどクリアできてしまうんです!

1)親にも相談できる!オススメの脱毛クリームを紹介!

脱毛クリームのなかでもオススメなのは、

  • パイナップル豆乳ローション
  • パイナップル豆乳除毛クリーム

のふたつの商品。

パイナップル豆乳ローションは、これを使ってお手入れをすると徐々にムダ毛が細く、薄くなるうえに、美容成分によってお肌の調子を整えツルスベ肌にしてくれるというもの。

また、パイナップル豆乳除毛クリームは、クリームを塗って5~10分、タオルやコットンでふき取ると濃い毛でもしっかり除毛することができるクリームです。

どちらの製品も、肌の弱い子どもでも使うことができるお肌にやさしい製品となっています。

2)実際に使っている人の口コミは?

これらの商品を使っている人の口コミを調べてみました。

◆パイナップル豆乳ローションの口コミ

サラサラ系のテクスチャーで、お風呂上りに保湿も兼ねて全身に塗っています。 もちろんいきなり脱毛ほどの効果はないけど、使い続けると産毛やムダ毛が薄くなるのが分かります。 パイナップル豆乳、という名前ですが実際は無臭です。 ムダ毛だけじゃなく、脇やヒザの黒ずみも薄くなったので、使い続けたいと思います。

◆パイナップル豆乳除毛クリームの口コミ

敏感肌でも全く荒れることなく使えてとてもいいです。 身体の産毛程度ならツルツルになりますし、デリケートゾーンにも使用しましたが、荒れることなくきれいになりました。 週1回、身体とデリケートゾーンに使ってみましたが、徐々に薄くなっていっている気がします。 脱毛サロンより手間もお値段も抑えられるので満足です。

3)価格はどれくらい?

最安値で購入できるのは、公式サイトの定期購入です。

◆パイナップル豆乳ローション

公式HPの販売価格(税別)
1回目1,250円50%OFF
2回目以降2,500円(回数により割引き有)
通常価格2,500円

◆パイナップル豆乳除毛クリーム

公式HPの販売価格(税別)
1回目1,300円50%OFF
2回目以降2,600円(回数により割引き有)
通常価格2,600円

※2回目以降は送料700円がかかります。

さらに、お届け回数によって、割引率が変化します。

お届け回数割引率
お届け2~3回目3%OFF
お届け4~9回目5%OFF
お届け10回以上7%OFF

定期購入の回数制限などはありません。

継続して利用するとさらにお得になるのは嬉しいですね。

さらに、初めて利用する場合は30日間の返金保証がついているので、万が一トラブルがあった場合でも安心できます。

お値段、効果ともに、親御さんに相談してみるには丁度いい商品ではないでしょうか?